ロッテケミ、インドネシアに石化施設建設か

韓国化学大手ロッテ・ケミカルのマレーシア法人であるロッテ・ケミカル・タイタン・ホールディングスは、インドネシアでの総合石油化学コンプレックス建設を計画している。最大40億米ドル(約4,361億円)を投じる予定だ。25日付ニュー・ストレーツ・タイムズが伝えた。 同計画はフ…

関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 化学建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中学時代は陸上部に入り…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

経済活動の100%再開を勧告へ 感染1桁台が1週間なら、保健省(06/01)

新規感染57人、外国籍は43人(06/01)

与党がマハティール氏ら除籍、国政不安定に(06/01)

RM1=24.7円、$1=4.35RM(5月29日)(06/01)

トイエイト、知育事業で資金調達(06/01)

セブン―イレブン、コロナ禍も1Qは増収増益(06/01)

AD調査を半年延長、日米などの合成樹脂(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン