4月消費者心理指数、5カ月連続で下落

韓国銀行(中央銀行)が25日発表した2018年4月の消費者動向調査によると、景気に対する消費者の心理を総合的に示す消費者心理指数は前の月と比べ1.0ポイント下落の107.1だった。5カ月連続での下落となったが、依然として基準値の100を上回っている。 韓国銀行は今月10~17日、2…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(17:12)

サムスン、希少疾患向けバイオ後続品開発へ(18:25)

ソウルの光化門や梨泰院、空き店舗が急増(17:12)

韓国人男性の遺体発見、バガンのパゴダで(18:29)

テイクオフ:8月14日に公開された…(08/19)

素材国産化、環境規制が鍵 厳格ぶり際立つ、日系にも負担(08/19)

家計向け融資が急増、負債デフレの懸念増大(08/19)

プノンペン商銀、上半期決算は28%増益(08/19)

企業銀行がIBKインドネシア銀行を設立へ(08/19)

日本人の観光ビザ免除、10月以降も延長(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン