【自動車業界を読む】第21回 インドで求められるきめ細かなマーケティング

昨年度、インド自動車業界最大のテーマは「電気自動車(EV)への“傾倒”と“揺り戻し”」であった。各社のEV投入計画の公表や、公営エナジー・エフィシェンシー・サービシズ(EESL)による2万台のEV調達といったニュースが注目を集め、充電規格の議論にも一定程度の進…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:インドへ旅行に訪れた人…(06/21)

首都圏で駐車場整備進む 地場社、IoTで運営支援(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(06/21)

EV製造業者協会、5つの部会を設置(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

タタ自、商用車のラインアップを拡充(06/21)

シロップの仏モナン、南部に工場設置(06/21)

北部州がパタンジャリに土地提供、計画前進(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン