ミ島で2千キロの鉄道実現へ、調査提言

フィリピンのミンダナオ開発庁(MINDA)は、同島の各州をつないで循環する総延長2,000キロメートルの鉄道敷設の青写真を描いている。ドゥテルテ政権は2022年までに約100キロを建設する計画だが、北海道を上回る面積9万7,530平方キロの同島の一部に過ぎない。実現すれば農産物…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産建設・不動産運輸電力・ガス・水道観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:久しぶりのフィリピン訪…(09/26)

【リーダーに聞く】物流・ジプニーの革新を生む マイキャブ、タクシーは第1歩(09/26)

卸売物価指数、7月は7カ月ぶりに鈍化(09/26)

通販特典ショップバック、比ユーザー拡大へ(09/26)

首都圏の建材卸売物価、8月は7.9%上昇(09/26)

財政赤字、1~8月は60%増の5900億円(09/26)

18年成長率を下方修正、財政悪化など要因(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

NEDA、鉄道・水道3事業を調査(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン