• 印刷する

銀行口座保有率は34%に上昇、世銀調査

世界銀行がこのほど発表した2017年版「金融包摂データベース(グローバル・フィンデックス)」報告書で、15歳以上のフィリピン人の銀行口座保有率は34%に上昇した。11年は27%、14年は31%だった。

世銀は、携帯電話とインターネットの普及が金融取引の増加を押し上げていると指摘。フィリピンでの携帯電話普及率は71%だった。世界の約17億人が口座を持っていないにもかかわらず、うち3分の2は携帯電話を通じて送金などの金融サービスを利用しているという。

世界全体の銀行口座保有率は11年の51%から17年は69%に上昇した。11年以降、12億人が銀行口座を開設したことになる。発展途上国の平均は14年の54%から63%に上昇。東南アジア諸国連合(ASAEN)ではシンガポールが98%で首位。マレーシアが85%、タイが82%で続いた。インドネシアが49%とフィリピンより高く、ベトナムが31%、ラオスが29%、ミャンマーが26%、カンボジアが22%だった。

調査は140以上の国・地域の15万人以上を対象に、11年から3年ごとに実施している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスと聞…(08/11)

21年度のインフラ予算削減 かすむ看板政策、コロナが足かせ(08/11)

コロナ感染新たに6958人、計13万6638人(08/11)

1~6月の投資認可額27%減、経済区庁(08/11)

比の民主主義「危機」、著名記者が強権化に懸念(08/11)

景気刺激策、1800億ペソ規模に抑制=財務相(08/11)

50億ペソを追加拠出、出稼ぎ労働者支援に(08/11)

20年GDP、9.1%減に下方修正=フィッチ(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン