【新・知財最前線は今】韓国の権利範囲確認審判について ―特許紛争解決手段としての意義―

File No.116 韓国特許法では「特許権者、専用実施権者または利害関係人は、特許発明の保護範囲を確認するために特許権の権利範囲確認審判を請求することができる」と規定しています。権利範囲確認審判制度は、日本では1959年に特許法における判定制度導入の際に廃止された制度です…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:取材で釜山を訪れた。仕…(12/10)

東南アで映える韓国コスメ 韓流追い風、美白やハラル商機に(12/10)

韓国の労働人口減少率、世界最高水準に(12/10)

主要企業の5割「20年は緊縮経営」(12/10)

ワーキングマザーの95%「退職考えた」(12/10)

世界市場で株価上昇、韓国のみ蚊帳の外(12/10)

現代・起亜自の米販売、5割強がSUV(12/10)

EV電池3社、工場稼働の20年以降に勝機(12/10)

ライドシェア禁止法、タダ社長が撤回訴え(12/10)

ハンファ、米の空飛ぶタクシー開発社に出資(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン