【新・知財最前線は今】韓国の権利範囲確認審判について ―特許紛争解決手段としての意義―

File No.116 韓国特許法では「特許権者、専用実施権者または利害関係人は、特許発明の保護範囲を確認するために特許権の権利範囲確認審判を請求することができる」と規定しています。権利範囲確認審判制度は、日本では1959年に特許法における判定制度導入の際に廃止された制度です…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

江原道知事、南北経済協力進展に期待感(12:17)

テイクオフ:低迷する飲食店を人気料…(01/23)

18年成長率は2.7% 6年ぶり低水準、今年も停滞恐れ(01/23)

18年訪韓外国人客数15.1%増、日本人けん引(01/23)

光化門広場を拡張、ソウル市が設計案公開(01/23)

昨年12月の生産者物価指数、1.0%上昇(01/23)

サムスンバイオへの粉飾問題、処分が保留に(01/23)

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(01/23)

ロト販売が03年以来最高に、景気低迷で(01/23)

不法滞在者が急増、最低賃金の上昇影響か(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン