• 印刷する

《日系進出》吉野家、印に進出へ

吉野家ホールディングスが、インドに現地法人を設立したことが分かった。店舗開設を目指して、市場調査などを本格化する。

企業省会社登記局(ROC)によると、今月10日付で、首都ニューデリー近郊の北部ハリヤナ州グルガオンに100%出資の現地法人、吉野家インディアを設立した。資本金は1億5,000万ルピー(約2億5,000万円)。

同社の2018年2月期(17年3月~18年2月)連結決算は、売上高が前年度比5.2%増の1,985億円だった。このうち、海外比率は10%弱を占めた。海外店舗数は全体の26%に当たる837店で、米国や中国、タイを含む10カ国・地域に進出。牛丼チェーン「吉野家」、うどんの「はなまる」などを展開している。

13億の人口を抱えるインドでは、牛を神聖視するヒンズー教徒が8割を占めるほか、ムスリムやシーク教徒などがいる。食文化も多様だ。吉野家は今後、店舗の設置先や投入ブランド、商品計画を詰める。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で今年流行っている…(10/22)

スタートアップ投資が回復 コロナ追い風にエドテックけん引(10/22)

通信ジオ、クアルコムと5G事業で提携(10/22)

オリンパス、内視鏡AI診断医師の育成支援(10/22)

独シーメンス、技術開発拠点の設置を計画(10/22)

病院の営業利益、コロナ影響で最大4割減も(10/22)

メルセデス、AMGモデルを現地組立へ(10/22)

AMTの暁星TNS、米ロ向けなど輸出好調(10/22)

車部品マザーサン、ボンバルディアの事業買収(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン