財閥アヤラ、年内に車用太陽電池の生産開始

フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーション傘下の米マーリン・ソーラー・テクノロジーズは、年内にフィリピンで薄膜シリコン太陽電池の生産を開始する。軽量で折り曲げられる特性を生かし、車載用などとしてアジア各国に供給していく。16日付地元各紙が伝えた。 生産設備は、ラグ…

関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

伝統ジプニー、あと2年で幕 17万台廃車、新PUVの商機に(09/21)

マニラとセブのBRT、運輸省が一転推進へ(09/21)

地方2空港の開発案、運輸省は年内に承認(09/21)

博報堂が2社の株式取得、現地対応力を強化(09/21)

8月の国際収支、8カ月ぶり黒字(09/21)

20日為替:$1=54.075ペソ(↓)(09/21)

首都圏オフィス契約、BPO需要で前年突破(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

セブ不動産、IPO資金で土地拡張(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン