財閥アヤラ、年内に車用太陽電池の生産開始

フィリピンの財閥アヤラ・コーポレーション傘下の米マーリン・ソーラー・テクノロジーズは、年内にフィリピンで薄膜シリコン太陽電池の生産を開始する。軽量で折り曲げられる特性を生かし、車載用などとしてアジア各国に供給していく。16日付地元各紙が伝えた。 生産設備は、ラグ…

関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アヤラランド、300億円でミ島北部に複合開発(12/19)

地場鉄鋼プヤット、バタンガスに鋼管工場(12/19)

ARCのサンボアンガ石炭火力、来年に着工(12/19)

テイクオフ:先週末、弊社ローカル社…(12/18)

「債務のわな」に慎重姿勢か 中国のインフラ協力、識者に聞く(12/18)

19年の経済は上向き、JCCセミナーで解説(12/18)

税制改革の遅れが財政リスクに、予算調整委(12/18)

今年のBOI投資認可額、過去最高更新へ(12/18)

来年の昇給率は6%、マーサー予測(12/18)

10月の海外送金受取、8.7%増の24.7億ドル(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン