• 印刷する

テイクオフ:これが最後になるのかも…

これが最後になるのかも――。シンガポール動物園には先週末、マスコット的存在「イヌーカ」の姿を一目見ようと大勢の人が詰め掛けた。世界で初めて動物園での繁殖に成功したホッキョクグマで、すでに27歳とクマとしては高齢だ。先には歩行に支障を来すほど健康状態が悪化しているとして、動物園側が安楽死の可能性に言及した。

ホッキョクグマといえば、2006年に独ベルリンの動物園で生まれた「クヌート」を思い出す。母親が育児を放棄し飼育員によって育てられたエピソードで世界的な人気者となったが、惜しくも11年に急死した。

動物園には批判的な意見もあるが、愛らしい姿を見せてくれる動物たちが、子どものみならず大人にも癒やしをもたらしてくれる存在であることは間違いない。個人的には、近く予定する一時帰国で、昨年上野で生まれたパンダの「シャンシャン」に会うのを楽しみにしている。(墺)


関連国・地域: シンガポール日本欧州
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

セムマリン、LNGタグボートを建造へ(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

中心部の共用オフィス、ゼロテンが買収(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

エネルギー庁、中小対象に太陽発電事業入札(09/21)

18日の停電、セムコープなどの供給遮断が原因(09/21)

潤滑油添加剤の米アフトン、新工場棟を開設(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

企業支援センター開所、郊外の経済活性化で(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン