マヒンドラ、ガス発電機を発売

インドの複合企業(コングロマリット)マヒンドラ・グループは11日、子会社のマヒンドラ・パワロールが首都ニューデリーで圧縮天然ガス(CNG)と天然ガスを燃料に使う発電機の販売を始めたと発表した。価格は税抜きで95万ルピー(約156万円)。同社にとって、初めてのガスを燃料した製品となる。

容量は125キロボルトアンペア(kVA)で、ガス発電機で初めて中央汚染管理局(CPCB)の環境基準「ステージ2」の認証を取得した。ディーゼル(軽油)を燃料とした発電機に比べて、運転コストを45%削減できるのが売り。従来製品よりも騒音を抑えているという。西部マハラシュトラ州プネ近郊のチャカン工場で生産する。

マヒンドラ・パワロールは2001/02年度(01年4月~02年3月)に発電機市場に参入。17/18年度の売上高は140億ルピーだった。産業機器向けのエンジンも販売している。


関連国・地域: インド
関連業種: 製造一般電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン