• 印刷する

マヒンドラ、ガス発電機を発売

インドの複合企業(コングロマリット)マヒンドラ・グループは11日、子会社のマヒンドラ・パワロールが首都ニューデリーで圧縮天然ガス(CNG)と天然ガスを燃料に使う発電機の販売を始めたと発表した。価格は税抜きで95万ルピー(約156万円)。同社にとって、初めてのガスを燃料した製品となる。

容量は125キロボルトアンペア(kVA)で、ガス発電機で初めて中央汚染管理局(CPCB)の環境基準「ステージ2」の認証を取得した。ディーゼル(軽油)を燃料とした発電機に比べて、運転コストを45%削減できるのが売り。従来製品よりも騒音を抑えているという。西部マハラシュトラ州プネ近郊のチャカン工場で生産する。

マヒンドラ・パワロールは2001/02年度(01年4月~02年3月)に発電機市場に参入。17/18年度の売上高は140億ルピーだった。産業機器向けのエンジンも販売している。


関連国・地域: インド
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

18年の住宅販売は18%増加 主要7都市、在庫2年ぶり低水準(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

業界団体、EV普及予算2千億ルピー求める(01/18)

アショク、アーメダで電動バス50台運用へ(01/18)

シュコダ、昨年度の税引後利益は66%減(01/18)

浄水器のAOスミス、46都市へ販路拡大(01/18)

ビデオテックス、テレビ増産に5億ルピー(01/18)

地場テレビOEM、第4工場を南部に検討(01/18)

地場タイヤ原料、南部3州と工場設置を協議(01/18)

エニーペイ、印オンライン決済社に追加投資(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン