• 印刷する

スマート農園の源鮮、英国に垂直農法の野菜工場

開催中の「桃園農業博覧会」で源鮮農業生物科技が公開している、高さ5メートルの垂直農法設備(同社提供)

開催中の「桃園農業博覧会」で源鮮農業生物科技が公開している、高さ5メートルの垂直農法設備(同社提供)

ITを駆使したスマート農園などを手掛ける源鮮農業生物科技(桃園市)は、英国に最新型の野菜工場を設ける。10日、英国国際貿易省のグラハム・スチュアート政務次官が桃園市の同社農園を訪問した際に発表した。

1,800万英ポンド(約27億円)を投じて、英北東部のヨークにある農業のイノベーション振興施設「ナショナル・アグリフード・イノベーション・キャンパス」に、高層建築物を活用して垂直的に野菜の栽培を行う「垂直農法」による野菜工場を設ける。

11日付中国時報によると、ヨークのほか西部のバースにも工場を設ける計画で、2019年には大量生産に入り、5年以内に1日の生産量20トンを目指す。

グラハム政務次官は「ハイテク技術を持った多くの台湾企業が英国で投資している。われわれは源鮮農業生技が一員に加わることを歓迎する」とあいさつ。源鮮農業生技の蔡文清董事長は、英国を進出先に選んだ理由について、「垂直農法の普及に努めている上、市場としても魅力的な条件を備えている」と述べた。記者発表には桃園市の鄭文燦市長も出席し、「新鮮で汚染されていない野菜を英国民に提供できる。将来は欧州の他の国へも市場が広がるだろう」と期待を寄せた。


関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あなた、外国人でしょ…(12/17)

パナソニックが住設事業を強化 台湾で30年に売上高8.4億元目標(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

台湾パネル初、中華映管が会社更生手続きへ(12/17)

太陽電池の緑能、経済部に債務処理を要請(12/17)

ASUSのスマホ不振、4Qは赤字転落も(12/17)

和碩、10億ドルでインドネシアに工場建設(12/17)

アップルアナリスト、iPhone出荷再下方修正(12/17)

米台商業協会会長、「華為製品のリスク判断を」(12/17)

パネルの凌巨、中国子会社の株式を売却(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン