マレーシア人の14%に個人情報流出被害

信用情報会社のRAMクレジット・インフォメーションが2016年に実施した調査によると、マレーシア人の14%が個人情報流出の被害に遭っていることが分かった。また、被害に遭った人を知っているとの回答も26%あった。11日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

個人情報流出の被害は、送金時や融資、クレジットカードの申し込み時に記入した個人情報の盗用などが含まれる。被害者は身に覚えがない多額請求があったり、信用不良で融資が拒否されたりするまで被害に気づかないという。

RAMのドーン・ライ最高経営責任者(CEO)は「デジタル化が進むマレーシアの環境で、個人情報とパスワードの保護が不十分だ」と指摘し、消費者には自身の信用情報に定期的に注意を払うよう呼び掛けた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

円借款、邦銀も供与に前向き 災害対策や高齢化問題でも支援(06/20)

RM=27.4円、$=4.00RM(19日)(06/20)

製造業連盟、電気料金据え置きを要求(06/20)

CMSB、サラワクの道路保守契約1年延長(06/20)

サイエンティレンス、来年にもACE上場へ(06/20)

フードパンダ、17年の注文件数が2倍に(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

タックスホリデー効果、売り上げ2割増も(06/20)

新興ECのシティソーシャル、海外事業拡大へ(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン