• 印刷する

マレーシア人の14%に個人情報流出被害

信用情報会社のRAMクレジット・インフォメーションが2016年に実施した調査によると、マレーシア人の14%が個人情報流出の被害に遭っていることが分かった。また、被害に遭った人を知っているとの回答も26%あった。11日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

個人情報流出の被害は、送金時や融資、クレジットカードの申し込み時に記入した個人情報の盗用などが含まれる。被害者は身に覚えがない多額請求があったり、信用不良で融資が拒否されたりするまで被害に気づかないという。

RAMのドーン・ライ最高経営責任者(CEO)は「デジタル化が進むマレーシアの環境で、個人情報とパスワードの保護が不十分だ」と指摘し、消費者には自身の信用情報に定期的に注意を払うよう呼び掛けた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コンビニでたばこを買い…(09/17)

JALが出資の可能性も 経営再建中のマレーシア航空(09/17)

Jパワー、発電所の共同開発でマラコフと覚書(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

ホンリョンと米TPG、3カ国の医療施設買収(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

RM1=25.9円、$1=4.16RM(13日)(09/17)

マレー国境の通関24時間体制、9カ月延長へ(09/17)

サンウエー、天津エコシティーの用地取得(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン