• 印刷する

マレーシア人の14%に個人情報流出被害

信用情報会社のRAMクレジット・インフォメーションが2016年に実施した調査によると、マレーシア人の14%が個人情報流出の被害に遭っていることが分かった。また、被害に遭った人を知っているとの回答も26%あった。11日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

個人情報流出の被害は、送金時や融資、クレジットカードの申し込み時に記入した個人情報の盗用などが含まれる。被害者は身に覚えがない多額請求があったり、信用不良で融資が拒否されたりするまで被害に気づかないという。

RAMのドーン・ライ最高経営責任者(CEO)は「デジタル化が進むマレーシアの環境で、個人情報とパスワードの保護が不十分だ」と指摘し、消費者には自身の信用情報に定期的に注意を払うよう呼び掛けた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者住宅に基準、順守に3カ月猶予(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ禍でも転職活動活発、リーラコーエン(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

RM1=24.7円、$1=4.36RM(28日)(05/29)

誠品書店がマレーシアに出店へ、東南ア初(05/29)

アクシアタ、5G調達先に華為含む2社検討(05/29)

高等教育機関のオンライン授業、年内継続(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン