花蓮地震、地元県長の対応に73%「満足」

花蓮地震の被災状況を報告する傅コンキ県長(中央)。右は行政院(内閣)の頼清徳院長(首相)=2月、花蓮(同県政府提供)

花蓮地震の被災状況を報告する傅コンキ県長(中央)。右は行政院(内閣)の頼清徳院長(首相)=2月、花蓮(同県政府提供)

2月6日に発生した花蓮地震から2カ月が経過したのを機に、中国時報や工商時報などのメディアを運営する旺旺中時媒体集団は花蓮県民を対象とした世論調査を行った。地震発生後の傅コンキ県長(県知事、コン=山へんに昆、キ=草かんむりに其、無所属)の対応について、回答者の72.8%が「満足」と回答。同時に中央政府に対しては、48.6%が「全力を挙げていない」とみており、半数近くが不満を持っていることも分かった。

調査は、4月7日から8日にかけて行われ、1,428人の花蓮県民から回答を得た。

傅県長の対応に満足と回答した人を年代別にみると、40~59歳は76%と高い割合を示した。このほか傅県長の対応について、「不満」は14.3%、「分からない/無回答」は12.9%だった。また、花蓮復興に傅県長が果たす役割について「信頼している」と答えた人の割合も72.8%で、「信頼できない」の19.4%を大きく上回った。

中央政府の対応については、「全力を挙げている」が40.2%、「分からない/無回答」は11.2%だった。花蓮県の観光と地場産業の復興に関しては、86.8%の人が「中央政府が予算面で支援すべき」と回答した。

傅県長については、ケーブルテレビ(CATV)台湾大手「TVBS」を運営する聯利媒体(TVBS)が2017年10月2日から18年2月8日に実施した県市首長の満足度調査でも1位だった。強権的な施政でしばしば物議を醸すが、09年の就任時に県が抱えていた約190億台湾元(約700億円)の負債を、7年間で35億元にまで圧縮するなど実務能力に定評がある。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の国際競争力17位に後退 中国に抜かれる、労働市場に低評価(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

TSMC、アップルの「A12」量産開始か(05/25)

LEDの晶元光電、3事業部を年内に分社化(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

聯発科技、AI技術搭載チップ「P22」発表(05/25)

参拝にもスマート化の波、各社が新製品投入(05/25)

台湾企業の投資、加工貿易から内需型に変化(05/25)

致新、アリババのスマートスピーカー向け受注(05/25)

南亜トップ、今年のDRAM市場見通しは良好(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン