フジタなどの複合開発準備進む 近く建設認可、本格着工へ

大和ハウスグループの総合建設会社フジタと東京建物などがミャンマー最大都市ヤンゴン中心部で手掛ける大規模複合施設の開発事業が、近く本格着工する。ヤンゴン市開発委員会(YCDC)の建設認可が、月内にも下りる見通しとなった。現在は環境影響調査(EIA)がほぼ終了し、…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(14:23)

ミャンマーはプラス成長維持 ADB、縫製打撃も農業で輸出補完(09/21)

21日から、ヤンゴンで会社出勤を原則停止(09/21)

新規感染642人、累計で5千人超え=20日朝(09/21)

韓国友好橋の工事中断、作業員がコロナ感染(09/21)

月末までにコロナ感染者1.6万人も=国軍(09/21)

域内経済回復へ政策、日中韓ASEAN財務相(09/21)

タイが入国規制、ミャンマーの貨物トラック(09/21)

マンダレー、トラック運転手は入域前に交代(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン