• 印刷する

プロトン、初のSUVモデルの名称を公募

マレーシアの国民車メーカー、プロトン・ホールディングスは4日、今年中に投入を予定しているスポーツ用多目的車(SUV)の名称を一般投票で決定すると発表した。

名称の候補は◇X7◇PX7◇X70◇X700――の4つ。投票者は、その名称を選んだ理由を記載し、同社の公式フェイスブックページを通じて投票する。応募受付期間は今月末まで。

応募者のうち投票理由が優れていた上位5人に、総額10万リンギ(約275万円)の商品券、同モデルの完成披露イベントと試乗会への参加権を付与する。また、候補以外の名称を提案した応募者の中から1人にプロトンの株式49.9%を保有する中国の浙江吉利控股集団(吉利集団)が本社を置く杭州、上海への3泊4日の旅行を贈るという。

同SUVは吉利の人気車種「BOYUE(博越)」をベースに、両社が共同開発していると言われている。


関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「日本は同調圧力が強い…(10/22)

日立物流、低温物流センター開設 イオンと提携で国内配送に特化(10/22)

イオン、ス州クラン店の賃貸借契約で和解(10/22)

RM=27.0円、$=4.15RM(19日)(10/22)

JAKS、再生エネ発電事業に参入へ(10/22)

KLの超高層ビル、入居契約率が10%に急減(10/22)

エムケイ、7万リンギの破格住宅の建設計画(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

政府、11月15日からSST価格も表示徹底(10/22)

ネット防御に日本協力、ASEANは取引先を警戒(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン