• 印刷する

JBIC、トヨタ販売会社の越事業に融資

国際協力銀行(JBIC)は3月29日、自動車の整備・販売事業を手掛けるトヨタカローラ南海(大阪府堺市、TCN)との間で、融資金額300万米ドル(約3億2,000万円、JBIC分)の貸し付け契約を締結したと発表した。三菱UFJ銀行との協調融資となる。

TCNのベトナム法人であるトヨタ・ナンカイ・ハイフォン・ウエスト(TNHPW)が自動車の整備・販売事業を行うために必要な資金を融資する目的で、店舗設立やメンテナンスラインの設置などに充てられる。

TCNは、2017年にTNHPWを設立した。自動車の需要拡大が見込まれるベトナムで自動車販売とそれに付随するメンテナンスサービス事業を行うことにより、一層の事業拡大を図る。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

インスタントコーヒー市場拡大 新商品続々、バラエティー豊かに(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

ホンダ二輪販売、10月は8%増の24万台超(11/16)

地場T&T、シンガ社と物流センター設置(11/16)

国内初の小規模貸し倉庫、個人事業主に人気(11/16)

商船三井ロジ、ダナンに営業拠点(11/16)

神奈川県、水道分野でランソン省に技術協力(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン