• 印刷する

JBIC、トヨタ販売会社の越事業に融資

国際協力銀行(JBIC)は3月29日、自動車の整備・販売事業を手掛けるトヨタカローラ南海(大阪府堺市、TCN)との間で、融資金額300万米ドル(約3億2,000万円、JBIC分)の貸し付け契約を締結したと発表した。三菱UFJ銀行との協調融資となる。

TCNのベトナム法人であるトヨタ・ナンカイ・ハイフォン・ウエスト(TNHPW)が自動車の整備・販売事業を行うために必要な資金を融資する目的で、店舗設立やメンテナンスラインの設置などに充てられる。

TCNは、2017年にTNHPWを設立した。自動車の需要拡大が見込まれるベトナムで自動車販売とそれに付随するメンテナンスサービス事業を行うことにより、一層の事業拡大を図る。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

18年電力自給率85%に改善 中国が主導、料金引き下げ進む(02/19)

不動産業、好調も「二極化」 融資規制でFDIやM&Aに活路(02/19)

バンブー航空、SIAエンジと戦略提携(02/19)

豚コレラ域内侵入か、越から輸入禁止(02/19)

HCMメトロ、1号線工費の月内支払い要望(02/19)

韓国2社、越カイメップの物流会社を買収(02/19)

トゥアティエンフエ省、大型リゾート承認(02/19)

橋本クロスが工場新設、JBICが融資へ(02/19)

日系Viecoi、報酬アプリを提供(02/19)

豪系マビン、南部に家畜飼料倉庫を開設(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン