オンライン許認可制度、「規制緩和不可避」

インドネシアの地方自治研究機関、地方自治実行監視委員会(KPPOD)は、政府が4月に予定するオンラインの統合許認可制度「シングル・サブミッション(OSS)」の導入に当たり、地方政府による一層の規制緩和努力が必要との見解を示した。27日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

KPPODのロバート・エンディ・エグゼクティブ・ディレクターは、投資許認可の種類が地方政府によって大きく異なる点を例示。企業の投資意欲を損ねる結果につながっていると述べ、OSSの始動には、地方政府によるさらなる規制緩和が必要と強調した。

ロバート氏によると、中カリマンタン州の投資許認可が18種類なのに対し、ジャカルタ特別州は300種類。許認可が518種類に上る自治体もあるという。

政府は、昨年9月に発表した第16弾の経済政策パッケージで、許認可の申請をオンラインで一括して行えるOSSの導入を策定。始動に向け、中央・地方政府レベルで許認可発行の簡素化や迅速化に取り組む、特別作業部会の設置を定めた。

ただ、現時点で全国34州のうち4州、514県・市のうち301県・市が同部会の立ち上げを終えていない。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

金融派生商品の市場活性化へ 地場取引所、インドネ同業と提携(16:37)

LS電線、インドネシアに電力ケーブル合弁(12:59)

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

【アジア三面記事】次こそパパのキスを阻止(06/15)

【予定】15日 日銀総裁会見ほか(06/15)

【訃報】石井善昭氏(元NEC副社長)ほか(06/15)

【予定】14日 金融政策決定会合ほか(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン