動力電池、廃棄のピーク到来 100億元の再利用市場に期待も

電気自動車(EV)をはじめとするエコカー(新エネルギー車)市場が拡大する中、普及初期に出回った車両の動力電池が今年あたりから寿命を迎え、廃棄のピークが到来する。回収制度などは整備の途上にあり、無秩序な廃棄による環境汚染が懸念される一方、100億元(約1,680億円)規…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車製造一般社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(16:52)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(16:37)

1~5月の電力消費、9.8%増の2.7兆kWh(16:24)

政府、交通計画策定などで中国と覚書(12:17)

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:愛用の自転車の後輪が走…(06/21)

大橋の通行予測を下方修正 車両1割減、利用促進に課題か(06/21)

環境と物流を中心に改善要望 日本商会の白書、公平性求める(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

UPS、3割超が受け取り選択サービス利用(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン