• 印刷する

都市発展ランク、北京・上海・深センが上位

中国国家発展改革委員会(発改委)発展計画局などが策定した都市の発展度合いを比較するランキング「中国都市総合発展指標」の2017年版が公表され、北京と上海、深センが1~3位を占めた。北京は前年に続き首位となった。チャイナデイリー(電子版)や25日付北京日報が伝えた。

ランキングは同局と雲河都市研究院が共同で策定した。地級市以上の全国297都市を対象に、「環境」「社会」「経済」の3分野を中心に評価し、指数化してランク分けした。

4~5位は広州と天津。以下は重慶、杭州、蘇州、南京、成都と続いた。

首位の北京は首都機能のほか文化娯楽、生活サービスが評価され、「社会」面で高いポイントを得た。一方で「環境」に絞れば同市は17位で、水資源の不足や大気汚染、交通渋滞がネックとなっている。「環境」のランキングは深セン、三亜、海口が上位3都市だった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:広州の地下鉄駅で雨傘の…(10/17)

農村観光振興へ3カ年計画 インフラ整備や環境対策を推進(10/17)

PCBの欣興、中国昆山から罰金65万人民元(10/17)

9月の訪日中国人、5年ぶりに減少(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

9月CPIは2.5%上昇、伸び率0.2P拡大(10/17)

MGモーター、20年にEVを発売(10/17)

過剰生産能力の解消、呼応企業に税優遇(10/17)

「軍民融合」を推進、習総書記が会議主宰(10/17)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン