• 印刷する

就職先ベスト100、ビナミルクが1位に

ベトナムの人材紹介サイト「anphabe.com」を運営するアンファベがこのほど、「ベトナムの就職先ベスト100社」の2017年版を発表した。前年まで4年連続で1位だった消費財大手のユニリーバに代わって、乳業最大手のビナミルクが1位になった。22日付VNエクスプレスが報じた。

2~10位は、◇ネスレ・ベトナム◇軍隊通信グループ(ベトテル)◇ベトコムバンク◇コカ・コーラ・ベトナム◇サムスン・ベトナム◇エイスース(ASUS)・ベトナム◇サントリー・ペプシコ・ベトナム・ビバレッジ◇ペプシコ・フーズ・ベトナム◇メルセデス・ベンツ・ベトナム(MBV)――の順で、トップ10入りした地場企業は3社にとどまった。

今回は、「魅力的な商標を有する国内企業ベスト50社」も初めて発表され、ティンブオン銀行(VPバンク)、タインタインコン・グループ(TTC)、テーゾイ・ジードン(モバイル・ワールド)、FEクレジット、フーニュアン・ジュエリー(PNJ)、ベトジェット航空などが選ばれた。

調査結果は、会社員6万2,268人から受け付けた意見のほか、CEO(最高経営責任者)と人事部長50人との面接調査に基づいた。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持(01/21)

JAいわて中央、HCM市でリンゴの販促(01/21)

マイリンとリエンベト銀、電子財布で決済(01/21)

エスペック、越に製品サポート拠点(01/21)

デジワールド18年は増収増益、売上は1.5倍(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

ICT産業の売上高、18年は990億ドル(01/21)

韓国のICT貿易、中国・ベトナムが好調(01/21)

製薬業界、薬価抑制などで19年の見通し低調(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン