米ウィン・リゾーツに5%出資へ、銀河娯楽

米カジノ大手、ウィン・リゾーツは米国時間の22日、マカオの同業で香港上場の銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント)が資本参加すると発表した。香港各紙によると、出資比率は約5%。

銀河娯楽は、ウィン・リゾーツが新たに発行する普通株式530万株を、1株175米ドル(約1万8,300円)で取得する。取得総額は9億2,750万米ドル。

銀河娯楽の呂耀東(フランシス・ルイ)副会長は、「ウィン・リゾーツが持つ優良なカジノ資産に投資でき、今後の発展で重要な機会となる」と述べた。

ウィン・リゾーツのスティーブ・ウィン前最高経営責任者(CEO)は先月、セクハラ問題などを受けて、CEO職を辞任。今回、保有する全ての株式を売却することも発表した。


関連国・地域: 香港マカオ米国
関連業種: 金融・保険観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

週末住宅取引、新築は7割減の111戸(13:35)

ヤンコールの一般炭生産増加、資産拡大奏功(18:49)

テイクオフ:基本的に無神論者ではあ…(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

大手の楽観傾向、若干弱まる 3Q景況感、不動産と金融顕著に(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

米中戦、年末から香港経済打撃か=財政長官(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

4県食品の輸入規制、24日に緩和=香港当局(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン