• 印刷する

米ウィン・リゾーツに5%出資へ、銀河娯楽

米カジノ大手、ウィン・リゾーツは米国時間の22日、マカオの同業で香港上場の銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント)が資本参加すると発表した。香港各紙によると、出資比率は約5%。

銀河娯楽は、ウィン・リゾーツが新たに発行する普通株式530万株を、1株175米ドル(約1万8,300円)で取得する。取得総額は9億2,750万米ドル。

銀河娯楽の呂耀東(フランシス・ルイ)副会長は、「ウィン・リゾーツが持つ優良なカジノ資産に投資でき、今後の発展で重要な機会となる」と述べた。

ウィン・リゾーツのスティーブ・ウィン前最高経営責任者(CEO)は先月、セクハラ問題などを受けて、CEO職を辞任。今回、保有する全ての株式を売却することも発表した。


関連国・地域: 香港マカオ米国
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港国際空港(チェクラ…(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

イースターは欧州旅行が人気 10連休可能、気候の良さも追い風(03/27)

豪政府、香港とFTA締結 貿易と投資の連携強化へ(03/27)

マカオ、“観光税”で日本とベネチアを調査(03/27)

香港の2月輸出、4カ月連続のマイナス(03/27)

香港と豪州、FTAと投資協定に調印(03/27)

越境での調停案件、今年は250件見込む(03/27)

大湾区・香港が本土経済けん引、投資銀幹部(03/27)

HSBC、7月にMPFスキームを統合へ(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン