丸紅木材、ヒノキで玩具生産 林業の潮流(4)日本の森再生へ

木材の加工・輸出入を手掛ける丸紅木材(大阪市)は、日本のヒノキを使ったおもちゃや子ども用の家具の生産をベトナムで始める。4月下旬に中南部ビンディン省に工場が完成する。製品は日本、韓国、中国などへ輸出する。背景には、日本で問題となっている伐採後に山林に残される端…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 農林・水産その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

河村電器、ドンナイ省に現法設立(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

日本品質保証機構、日本電計と越で合弁(09/21)

ボッシュ、「4.0」人材の養成施設を開所(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

アサヒ衛陶の越販社、不動産各社と大口契約(09/21)

ダイズオン社、セメント工場建設計画に賛否(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

国内2大空港の滑走路、老朽化で修繕必要(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン