丸紅木材、ヒノキで玩具生産 林業の潮流(4)日本の森再生へ

木材の加工・輸出入を手掛ける丸紅木材(大阪市)は、日本のヒノキを使ったおもちゃや子ども用の家具の生産をベトナムで始める。4月下旬に中南部ビンディン省に工場が完成する。製品は日本、韓国、中国などへ輸出する。背景には、日本で問題となっている伐採後に山林に残される端…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 経済一般・統計製造一般農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ビンF、手頃な高級車で勝負 電動スクーターは年産25万台体制(04/26)

三菱自が国内生産MPV輸出 合計3万台目標、まずフィリピン(04/26)

郵船ロジ、ダナンで自社倉庫を開所(04/26)

【ASEAN】ベトナム医療は魅力的な投資機会か?(17)(04/26)

車部品の展示会「オートメカニカ」が開幕(04/26)

通信事業者に課税へ、遠隔地サービス拡充で(04/26)

タインコンと現代の合弁、小型トラック発売(04/26)

フエの空港、旅客ターミナル来年着工(04/26)

不動産ナムロン投資、株式21%入札へ(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン