テイクオフ:外国人は日本の通勤電車…

外国人は日本の通勤電車のような混雑は敬遠すると聞くが、フィリピンには必ずしも当てはまらない。ジプニー(乗り合いバス)で、電車で、銀行で、マンションの管理室で──すし詰め状態というのがよくある。そして身体の一部が接触しても特に嫌な顔はされない。むしろどんどん詰める精神こそ、譲り合いより優先されているふしもある。

家の近くの交差点でも、毎朝ぎゅうぎゅうを体験する。みんな日差しを避けて木陰に収まろうとするからなのだが、最近枝切りされて木陰が縮小したせいで、木陰内人口密度が高まった。誰かが日傘をさしてくれると人影ができて多少は分散するのだが、やはりどうして、人の数に対して影の面積が足りない。

朝、中年男性が差す日傘の影にこそっと収まりながら、女性として日傘とは言わないまでもせめて日焼け止めくらい塗ってから出掛けるべきかとそんなことを思った。(あ)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米BPO、9カ所目の拠点をクラークに開設(12:58)

パサイ―バターン自由港、海路で1時間半に(12:47)

テイクオフ:日本の昭和の象徴は何だ…(05/23)

比人看護師・介護士候補313人 国家資格合格目指し6月出国(05/23)

租税特赦法案、政府は6月までの可決目標(05/23)

税制改革第2弾の前に第1弾見直しを、下院(05/23)

政府債務返済額、1Qは16%減の2080億ペソ(05/23)

22日為替:$1=52.195ペソ(↑)(05/23)

クラーク空港運営、日系含む数社が応札検討(05/23)

ビサヤ―ミンダナオ送電網、国家重要事業に(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン