ウーバーやデリバルー、豪雇用法見直し要請

米配車大手ウーバー、民泊仲介大手エアビーアンドビー(Airbnb)、出前代行サービス・デリバルーなどが、オーストラリア政府に対し、デジタル経済の拡大に伴いオンデマンド労働者が急増しているとして、これらの新しい雇用形態に合わせて雇用法を見直すよう求めていることが分かっ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(16:35)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(16:35)

豪人の豪華旅行が急成長=富裕層向け旅行企(16:35)

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…(10/15)

豪医療保険、20年来の大改革 保健相が表明、4種に分類へ(10/15)

日豪経済合同委員会、シドニーで年次会議(10/15)

豪仏交渉決裂なら、潜水艦輸出も=河野外相(10/15)

リオ、石炭とアルミ不調で利益に影響か(10/15)

豪LNG輸入計画、「ばかげている」が必要(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン