ウーバーやデリバルー、豪雇用法見直し要請

米配車大手ウーバー、民泊仲介大手エアビーアンドビー(Airbnb)、出前代行サービス・デリバルーなどが、オーストラリア政府に対し、デジタル経済の拡大に伴いオンデマンド労働者が急増しているとして、これらの新しい雇用形態に合わせて雇用法を見直すよう求めていることが分かっ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家族づきあいしているオ…(03/26)

NSWが280億$インフラ整備 与党、選挙公約実現へ(03/26)

豪財界、新国家ブランドを構築へ(03/26)

労働党の会計費控除制限、業界が見直し要請(03/26)

連邦裁が法人専門刑事局設立、王立委に対応(03/26)

WA接近のサイクロン、豪経済に10億$影響(03/26)

豪資源大手2社、NTでフラッキング再開へ(03/26)

豪CO2削減は不十分、EUとのFTAで圧力(03/26)

対EUのFTA、産地名保護で豪農家にも恩恵(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン