• 印刷する

農業の機械化進む、牛馬耕作4%に低下

カンボジア農林水産省によると、農業現場で耕運機の導入など農作業の機械化が進んでいる。従来の水牛や馬を使った耕作は農地全体の4%に低下した。華商日報(電子版)が伝えた。

全国の農民が保有する農業機械は2017年時点で320万台で、13年の280万台よりも増えた。今年はさらに増える見込みという。

労働力全体に占める農業従事者の割合は、1993年の80%から2017年時点で42%に下がった。農水省は20年までに29%まで低下すると予想している。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

シアヌークビルに観光特区、沿岸部を開発(02/25)

ホテル開業続く、新型肺炎の影響なく(02/25)

制裁検討のEU代表団、近くミャンマーへ(02/25)

イオン、ネット配送を本格化 多忙な現代人の需要取り込み(02/24)

自動車組み立て産業向け優遇措置、継続へ(02/24)

香港との租税条約、1月に発効(02/24)

通信SEATEL、5Gの試験運用開始(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン