• 印刷する

消費者協会とカルーセル、中古車購入に保護強化

シンガポール消費者協会(CASE)は15日、オンライン・マーケットプレースで中古車を購入する消費者の保護強化に向け、マーケットプレースのアプリを運営するカルーセルと提携すると発表した。良質な中古車の供給を促進するのが狙い。

今回の提携により、マーケットプレースで中古車を販売する業者と売り手に対し、CASEが昨年導入した車検制度の利用を促す。カルーセルのアプリを通じて、車検手続きを申し込めるようにする。

CASEに昨年寄せられた製品・サービスの購入に対する苦情1万5,744件のうち、15%に相当する2,335件が自動車関連で、その6割が中古車に関するものだった。具体的には、欠陥車を売りつけられたとする声などが多い。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

4~6月期の業績悪化、上場企業6割(16:55)

テイクオフ:月を祭って豊作を願う「…(08/21)

【日韓対立】日韓企業62%「実害を懸念」 収束見通し、日系が悲観的見方(08/21)

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(08/21)

世界最大級の藻類培養設備 サラワクに日系技術で完成(08/21)

積立基金の負担率、21年に2ポイント上昇(08/21)

卸売り販売額6%減、電子部品の低迷響く(08/21)

4~6月の企業配当、12%減の38億米ドル(08/21)

楽天、格安ホテルのレッドドアーズに出資(08/21)

シンガポールの景気減速、ジョ州を直撃も(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン