• 印刷する

1~2月の自動車輸出、5%増の3.6万台

インドネシアの1~2月の完成車(CBU)輸出台数は、前年同期比5%増の3万6,341台だった。フィリピンや中東などへの輸出が目立った。年初からベトナム政府がCBUの輸入を規制しているが、プラス成長を維持した。

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)の統計によると、インドネシアからCBUを輸出した5メーカーのうち、トヨタ以外の4メーカーは前年同期より増加した。スズキは89%増、アジア向けが43%を占めた。トヨタは43%がサウジアラビア、20%がフィリピン向けだった。ダイハツと日野自動車は、それぞれ輸出台数の43%、95%をフィリピン向けが占めた。

完全ノックダウン(CKD)輸出は12%減の1万1,524台、部品輸出は4%減の1,304万個だった。

1~2月のCBU輸入台数は31%増の1万5,237台。CBU輸入台数の75%を日本から輸入しているマツダは7倍の799台。このほかスズキやタタ自動車など6社が輸入台数を2倍以上に増やした。

生産台数は5.5%増の21万6,466台だった。三菱自動車は3.9倍に急増。このうち小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」が1万5,178台で54%を占めた。トヨタの小型MPV「アバンザ」は1万9,886台だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

シノバック製ワクチン、600万回分が到着(14:38)

テイクオフ:断食月(ラマダン)に入…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

国際自動車展IIMS2021 コロナ後初開催、需要回復に期待(04/19)

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/19)

元閣僚主導のワクチン開発、継続は不適切(04/19)

マカッサル空港の物流拠点、33ha用地確保(04/19)

首都港湾の渋滞緩和対策を強化、運輸相(04/19)

首都MRT、午後11時までに運行時間延長(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン