1月のCPO輸出、需要減で前月比4%微増

インドネシア・パーム油業界連盟(GAPKI)によると、1月のパーム原油(CPO)とパーム油由来品(バイオディーゼルと油脂化学製品を除く)の輸出量は274万トンで、前月比4%の微増にとどまった。中国や欧州連合(EU)加盟国など輸出先国で需要が減少したためで、CPOの…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:海外でけがや病気になっ…(09/19)

ニチバン、漫画で製品を紹介 小学校に800冊寄贈、海外初刊行(09/19)

商工会議所が日本委員会、ECサイト運営(09/19)

スズキ二輪、8月の販売台数は8355台(09/19)

東京特殊電線の新工場稼働、インドネを補完(09/19)

首都の交通取り締まりに監視カメラ導入(09/19)

アスコットがホテル事業、隣国企業に出資(09/19)

DHL、東ジャカルタに新サービスセンター(09/19)

ゴジェック、地場広告サービスを傘下に(09/19)

EUとの経済協定交渉、長期化の見通し(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン