電気料金据え置き、8兆ルピアの支出増

インドネシア財務省は、エネルギー・鉱物資源省が現行の電気料金を2019年末まで据え置く方針を打ち出したことで、政府は向こう2年間で合計8兆1,000億ルピア(約603億円)を新たに支出する必要があると試算した。12日付ジャカルタ・グローブなどが伝えた。 スリ・ムルヤニ財務相…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:7日からジャカルタで開…(12/18)

【この人に聞く】海外初の保育園事業に挑む ヒューマンHD、0歳児から(12/18)

首都交通、ナンバー規制の延長を政府に提案(12/18)

政府、官民連携のインフラ事業を推進(12/18)

11月の貿易収支、2カ月連続で赤字(12/18)

アチェの経済特区が正式稼働、高速道も着工(12/18)

ロッテ、東南アジア事業に本腰(12/18)

EFTAとの包括的経済協力協定を締結(12/18)

電子たばこ以外の特殊たばこも課税対象に(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン