経済特区発展促進で一致、スー・チー氏と経団連

経団連の小林健副会長(三菱商事会長)ら一行約30人が12日、ミャンマーの首都ネピドーで、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と会談し、インフラ整備や、日本とミャンマー両国が協力するティラワ経済特区(SEZ)の発展促進が重要だとの見方で一致した。

スー・チー氏は資源や電子分野における日本企業の投資促進などにも期待を表明。また、若者の能力向上に関連しては、「(日本との)協力を一過性に終わらせず、継続的に続けることが大事だ」と強調した。

スー・チー国家顧問と経団連の会談は、国民民主連盟(NLD)主導の政権が発足した2016年に同顧問が来日して以来。

経団連の一行は、小林副会長と、朝田照男・日本ミャンマー経済委員長(丸紅会長)の両氏を団長とし、11日から3日間の日程でミャンマーを訪問。13日には、ミャンマー商工会議所(UMFCCI)との合同経済会議に臨む。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

新会社法は8月1日施行、大統領府が告知(06/23)

金融サービス利用者が5割に 小口金融、協同組合融資で伸び(06/22)

〔寄り道〕アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相…(06/22)

中国企業、ミャンマーへの工場移転に関心(06/22)

居住者の源泉税を廃止、7月1日から(06/22)

国産アボカド、中国への本格輸出を視野(06/22)

マイスクエア、携帯決済マイペイを買収(06/22)

延期の和平会議、7月第2週開催で調整(06/22)

通信ベトテル、ミャンマーで100万件加入(06/22)

EU、政府に3州での性暴力調査を要請(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン