• 印刷する

サコンエナジー、バイオマス発電免許を取得

自動車燃料用の天然ガスを供給するタイのサコン・エナジー(SKE)は、北部プレー県にあるバイオマス(生物資源)発電所の発電免許を新たに取得した。10日付ネーションが伝えた。

SKEは2月末、同発電所を保有するメー・クラティン・パワー(MKP)の株式取得を発表。総額約8億5,000万バーツ(約27億2,400万円)を投資し、出力9,900キロワット(kW)の同発電所の権益の80%を取得するとしている。

同社は昨年11月、タイ証券取引所(SET)に上場して以来、3つのエネルギー事業契約を新たにまとめている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 化学電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

賃上げで工場の海外移転も=CPF(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン