サコンエナジー、バイオマス発電免許を取得

自動車燃料用の天然ガスを供給するタイのサコン・エナジー(SKE)は、北部プレー県にあるバイオマス(生物資源)発電所の発電免許を新たに取得した。10日付ネーションが伝えた。

SKEは2月末、同発電所を保有するメー・クラティン・パワー(MKP)の株式取得を発表。総額約8億5,000万バーツ(約27億2,400万円)を投資し、出力9,900キロワット(kW)の同発電所の権益の80%を取得するとしている。

同社は昨年11月、タイ証券取引所(SET)に上場して以来、3つのエネルギー事業契約を新たにまとめている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 化学・石化電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイで電気自動車(EV…(06/18)

輸入廃棄物の税関検査を強化 電子ごみも急増、処分場化を懸念(06/18)

IoTで現場が変わる=能率協会がセミナー(06/18)

日立、2社と協業でCCTVソリューション(06/18)

電波帯入札見直しへ、大手3社の辞退で(06/18)

デルタ、ソフトウエア会社買収で印事業拡大(06/18)

阪急阪神不動産、タイ4件目のコンド開発へ(06/18)

タイSCG傘下、ビンミン株を買い増しへ(06/18)

信金中金、日系3社のPRイベントを開催(06/18)

PTTとカシコン銀、Eウォレットで提携(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン