タタ自、5年で女性従業員を全体の25%に

インドの自動車大手タタ・モーターズは、向こう4~5年で従業員に占める女性の割合を現行の5%から最大25%に引き上げる。新卒採用に力を入れる方針だ。PTI通信が5日伝えた。

今年1月時点で、全従業員5万5,159人のうち、女性は2,628人だった。このうち1,952人が工場で働いている。2017年の新卒採用は19%が女性で、今年は25%に引き上げる予定だ。

タタは村など貧しい地域の女性に対する職業訓練も手掛けている。自動車技能開発評議会(ASDC)と共同で17年8月に実施した職能プログラムでは、受講者の7割が女性だったという。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:貧しいポーターが州政府…(05/21)

日系2社、相次ぎセダン発表 トヨタは「ヤリス」をインド初投入(05/21)

AP州、5年でEV関連に3000億ルピー誘致(05/21)

鉄鋼タタ、破綻ブーシャンの過半数株取得(05/21)

米国の鉄鋼輸入制限、インドがWTOに提訴(05/21)

電動二輪の其易、印ヒーローモトコープと覚書(05/21)

NEC、物流合弁に分析高率化システム導入(05/21)

1〜3月のタブレット市場、レノボが首位(05/21)

第一生命、資産運用会社に約40%出資(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン