• 印刷する

テイクオフ:「飲み終わったビール瓶…

「飲み終わったビール瓶を列車の窓から投げ捨てる時の解放感が中国旅行の醍醐味(だいごみ)」。けしからん趣味を告白していた日本人バックパッカーがいた。10年以上も昔の話だ。

ごみの捨て方にとてもおおらかだった中国も、近ごろはマナーがずいぶんと改善され、都市部では分別回収の取り組みが進んでいる。広州で見掛けた、市民の協力を呼び掛ける標語が味わい深い。「生ごみとそれ以外の分別を」「有害ごみは取り分けて」に続き、「売れる物は売りましょう」とある。

深センの蛇口工業区で80年代に掲げられた「時は金なり」の標語が、中国の一般市民に改革開放の意識を浸透させたことは有名だ。きれいごとのスローガンよりも、身近な損得に置き換えた方が行動の動機付けになる。かのバックパッカーにもこの名言を紹介し、ビール瓶は換金できることを教えよう。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

過剰生産能力の削減、鉄鋼は目標8割到達(08/17)

イケアがEC全国展開、年内に149都市へ(08/17)

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(00:23)

【EV需要創出】EVタクシー100台を初導入 中国BYD製、9月から営業開始(08/17)

「貯蓄始めた」は半分足らず 若い世代、低い老後への意識(08/17)

中タイ高速鉄道、年内に工事入札へ(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

米中が貿易協議を再開、今月下旬に次官級(08/17)

LGD、上期の有機ELパネル売り上げ倍増(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン