• 印刷する

日本のタイ向け食品輸出、昨年は18.8%増加

日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所は5日、昨年の日本からタイへの農林水産物・食品輸出額が前年比18.8%増の391億円だったと発表した。「豚の皮」を筆頭に伸び、2年ぶりのプラス成長となった。

タイ向け農林水産物・食品輸出で最も多かったのは、靴やかばんなどに使用される「豚の皮」で、31.1%増の80億円。続いて、「かつお・まぐろ類」が69.2%増の66億円、「さば」が18.2%減の27億円だった。

ジェトロの担当者によると、中国での環境規制の強化を受け、革製品の生産拠点は中国からタイに移転する傾向にある。昨年は日本の豚の皮の輸出額108億円のうち、タイ向けが7割以上を占めた。このほか、「かつお・まぐろ類」は供給量が足りず、国際相場が高くなったことが輸出額の増加につながった。

国・地域別順位では、タイは昨年の6位から7位に下落。ベトナムが22.3%増の395億円と急伸し、東南アジア諸国連合(ASEAN)で最大だった。

日本の農林水産物・食品の輸出額は、7.6%増の8,073億円。政府は19年に輸出額1兆円の達成を目標に掲げている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

納豆ブーム、粘り強く拡大 訪日旅行と健康志向が後押し(10/23)

プノンペン特区社、増資で985万ドル調達(10/23)

インドネシアの自動車部品企業、福岡で商談会(10/23)

サムスン、タイの大型石油プラント受注(10/23)

テイクオフ:美容大国タイ。どんなも…(10/22)

タイを日本人起業家の拠点に 日本政府が本腰、財閥と提携支援(10/22)

LINE、クラウドソーシング企業に出資(10/22)

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資(10/22)

CRCタイワサドゥ、カーケア事業に参入(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン