17年の電源構成、石炭火力が35%に拡大

フィリピンのエネルギー省は、2017年末時点の国内の石炭火力発電所の設備容量が804万9,000キロワット(kW)となり、発電所全体の35.4%を占めたと明らかにした。16年の34.6%から拡大した。総設備容量は2,272万8,000kWだった。5日付ビジネスワールドが伝えた。 エネルギーミ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラの夜道、iPho…(10/17)

トヨタ、グラブと新車購入支援 提携具体化、ASEAN初の試み(10/17)

東芝エネシステムズ、水素発電を比普及へ(10/17)

「一帯一路」基金、7千億円を対比投資(10/17)

政府GDP成長目標、6.5~6.9%に下方修正(10/17)

「歳出削減も」財務相が増税先送りをけん制(10/17)

16日為替:$1=53.960ペソ(↑)(10/17)

地場ウデンナ、ダバオでモノレール敷設計画(10/17)

物流LBC、ブルネイの関連2社株5割取得(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン