• 印刷する

海事庁、マラッカ海峡の水路測量調査を開始

シンガポール海事港湾庁(MPA)は5日、マラッカ・シンガポール海峡の水路測量調査事業の第2弾を同日開始したと発表した。昨年10月に同海峡の沿岸3カ国(マレーシア、インドネシア、シンガポール)と日本との間で締結された合意文書に基づくもの。調査は2020年にかけて行われる。

マラッカ・シンガポール海峡は、日本が輸入する原油の8割が通行する国際海峡で、狭い海峡を多くの船舶が通行する難所として知られる。1996年には国際協力機構(JICA)と沿岸3カ国が海図を作成したが、20年以上が経過して地形などが変化していることから、あらためて調査を行うことが14年に決定していた。

第1弾の調査は15~16年に実施。第2弾では、マレーシア・ポートクラン沖のワン・ファトム灯台からシンガポールの南東に位置するホースバーグ灯台にかけての水深30メートル以内の浅瀬を中心に調査する。調査で収集したデータは船舶の電子航法システムの精度向上などに利用される。

第2弾の調査には、東南アジア諸国連合(ASEAN)の統合を支援する目的で05年に設立された「日・ASEAN統合基金」が活用される。


関連国・地域: マレーシアシンガポールインドネシア日本
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(17:35)

テイクオフ:「去年は日本アルプスに…(01/17)

テック企業のハブに成長へ 金融上回る求人数、グラスドア調査(01/17)

グラスドア、ア太3カ国・地域に進出(01/17)

現代自、グラブにコナEV供給(01/17)

クロスコープ、共用オフィスの提供開始(01/17)

ofoの免許停止を示唆、度重なる違反で(01/17)

ダナン、鉄道建設でシンガポールに支援要請(01/17)

SIA、4月から成田便にA380再投入(01/17)

港湾PSA、18年のコンテナ取扱量は9%増(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン