首都空港に新提案、財閥2社が120億ドルで

フィリピンの財閥SMグループを率いるシー一族は、メディアや不動産、物流などを展開するティエン一族と共同で、マニラ首都圏に新空港を建設する案を政府に正式に提出した。120億米ドル(約1兆2,682億円)を投じて、東南アジアのハブとなる大規模空港を整備する構想だ。首都圏の…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

テイクオフ:友人との他愛のない会話…(02/24)

東南アIT業界への投資活況 1億ドル企業ひしめく、多様化へ(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

ホンダ、四輪工場閉鎖 3月下旬、生産体制見直しで(02/24)

人口の多い新興国でベンチャー産声=鈴木氏(02/24)

クルーズ船の比人帰国、24日以降に延期(02/24)

武漢から帰国の比人、14日間隔離が終了(02/24)

中国との協定検討せず、米軍地位協定破棄で(02/24)

貨幣処理機グローリー、部品増産へ新工場(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン