インドネシアに続き新型MPV投入、三菱自

三菱自動車はこのほど、東南アジア市場向けに開発した小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」(排気量1500cc)を、フィリピンでお披露目した。フィリピンでの発売は、生産国のインドネシアに続き、世界2カ国目。フィリピンで需要拡大が見込める7人乗り小型MPV市場に参入する。月間1,500台の販売を目指す。

三菱自動車のインドネシア工場で生産されるエクスパンダー=2017年10月、西ジャワ州ブカシ県(NNA撮影)

三菱自動車のインドネシア工場で生産されるエクスパンダー=2017年10月、西ジャワ州ブカシ県(NNA撮影)

現地法人の三菱モーターズ・フィリピンズ(MMPC)が先週末、マニラ首都圏パサイ市で試乗会を実施した。1月末から先行予約を受け付けており、5月に出荷を開始する予定だ。販売価格は90万~110万ペソ(約183万~223万円)。

MMPCによると、フィリピンの新車市場では、同社の「モンテロ・スポーツ」(2400ccのディーゼルエンジン搭載)などを含む中型スポーツタイプ多目的車(SUV)と、「ミラージュ」(1200ccのガソリンエンジン)が含まれる小型乗用車のセグメントが好調だが、7人乗りの小型MPVの市場も拡大しつつある。

同社が昨年まで生産・販売していた「アドベンチャー」(2500ccのディーゼルエンジン)など7人乗りのアジア・ユーティリティー・ビークル(AUV)は、フィリピンで今年1月から欧州連合(EU)の排ガス基準「ユーロ4」対応が義務付けられたことで、市場から姿を消した。AUVに代わり、より多くの人が乗れて荷物が積める3列7人乗りで、ユーロ4対応の小型のガソリンエンジンを搭載した自動車の需要が伸びているという。

三菱自動車は、インドネシアの西ジャワ州ブカシに建設した新工場で、昨年9月からエクスパンダーの本格量産を開始した。当初は年間8万台を生産する計画だったが、同国で既に6万台以上を受注しているため、生産台数を引き上げている。インドネシア国内やフィリピンのほか、タイ、マレーシア、ベトナムにも輸出する予定だ。

MMPCは今年、前年比8.7%増の8万台の新車販売を目指している。


関連国・地域: インドネシアフィリピン日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の彰化銀行、マニラ支店を開業(18:59)

セブンイレブン、来年中に3000店舗展開へ(18:58)

フランチャイズ協会、海外進出2年で倍増も(18:58)

テイクオフ:警察官に憧れたコスプレ…(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

6月の国際収支、赤字が11.8億ドルに拡大(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

家計消費の伸び率、昨年は中ルソンが最高(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン