• 印刷する

テイクオフ:日本から海外へ、航空機…

日本から海外へ、航空機の手荷物でモノを運ぶ「運び屋」という仕事がある。預け入れ荷物の許容量が大きいビジネスクラスを使う人もおり、東京からアジアへは中国やフィリピンへ行く人が目立つという。

運び屋が多いこととは無関係かもしれないが、マニラではほかの東南アジア諸国に比較して、日本のモノを低価格で購入できるように感じる。食料や日用品など基本的なモノはほぼそろう。値段はモノによって異なるが、100円が100ペソ(約203円)といったイメージだろうか。

ただ「ちょっと高いモノ」の入手は難しい。液体洗剤はあるが抗菌など付加価値がついた製品はない、廉価なパックのカステラはあっても銘菓はないなど。妻は「シンガポールでは日系デパートに何でもそろっていたのに」としきりにこぼす。2020年に首都圏タギッグ市にオープン予定という日系デパートに期待したい。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ系消費者金融、来年に顧客7割増計画(12/14)

BOI、バタンガスの油脂化学工場に優遇(12/14)

中銀が政策金利据え置き 6会合ぶり、インフレ率鈍化受け(12/14)

11月新車販売、23%減の3.1万台(12/14)

伊藤忠、ドールの果物かすでバイオガス発電(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

PEZA投資認可、1~11月は44%減少(12/14)

13日為替:$1=52.620ペソ(↑)(12/14)

マカティ地下鉄計画が始動、事業者と覚書(12/14)

バイクタクシーまだ認めず、最高裁が判断(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン