テイクオフ:日本から海外へ、航空機…

日本から海外へ、航空機の手荷物でモノを運ぶ「運び屋」という仕事がある。預け入れ荷物の許容量が大きいビジネスクラスを使う人もおり、東京からアジアへは中国やフィリピンへ行く人が目立つという。

運び屋が多いこととは無関係かもしれないが、マニラではほかの東南アジア諸国に比較して、日本のモノを低価格で購入できるように感じる。食料や日用品など基本的なモノはほぼそろう。値段はモノによって異なるが、100円が100ペソ(約203円)といったイメージだろうか。

ただ「ちょっと高いモノ」の入手は難しい。液体洗剤はあるが抗菌など付加価値がついた製品はない、廉価なパックのカステラはあっても銘菓はないなど。妻は「シンガポールでは日系デパートに何でもそろっていたのに」としきりにこぼす。2020年に首都圏タギッグ市にオープン予定という日系デパートに期待したい。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボラカイ島、島内全ての事業認可を白紙に(07/20)

1~5月アバカ生産は1%増、ミ島が大幅増(07/20)

物流ロイヤル、ブラカンの最大拠点を稼働(07/20)

トヨタが優遇車の生産開始 新ヴィオス、月3500台販売へ(07/20)

上半期の新車総市場、12%減の19.2万台(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

ワイズテーブル、合弁設立へ(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

フィッチ、信用格付けをBBBで据え置き(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン