• 印刷する

テイクオフ:日本から海外へ、航空機…

日本から海外へ、航空機の手荷物でモノを運ぶ「運び屋」という仕事がある。預け入れ荷物の許容量が大きいビジネスクラスを使う人もおり、東京からアジアへは中国やフィリピンへ行く人が目立つという。

運び屋が多いこととは無関係かもしれないが、マニラではほかの東南アジア諸国に比較して、日本のモノを低価格で購入できるように感じる。食料や日用品など基本的なモノはほぼそろう。値段はモノによって異なるが、100円が100ペソ(約203円)といったイメージだろうか。

ただ「ちょっと高いモノ」の入手は難しい。液体洗剤はあるが抗菌など付加価値がついた製品はない、廉価なパックのカステラはあっても銘菓はないなど。妻は「シンガポールでは日系デパートに何でもそろっていたのに」としきりにこぼす。2020年に首都圏タギッグ市にオープン予定という日系デパートに期待したい。(谷)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

伝統ジプニー、あと2年で幕 17万台廃車、新PUVの商機に(09/21)

マニラとセブのBRT、運輸省が一転推進へ(09/21)

地方2空港の開発案、運輸省は年内に承認(09/21)

博報堂が2社の株式取得、現地対応力を強化(09/21)

8月の国際収支、8カ月ぶり黒字(09/21)

20日為替:$1=54.075ペソ(↓)(09/21)

首都圏オフィス契約、BPO需要で前年突破(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン