《日系進出》フマキラー、ティラワに生産工場整備へ

殺虫剤大手のフマキラー(東京都)は2日、ミャンマー最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)に、殺虫エアゾール(スプレー)の生産工場を建設すると発表した。投資金額は6億円で、2019年5月の稼働を見込んでいる。

ミャンマーでは現地法人ベープ・ミャンマーが、現地業者を通じ、グループ会社の殺虫エアゾールを輸入、販売している。新会社のフマキラー・ミャンマーを設立し、政府から生産活動の認可を取得して工場を整備する。東南アジア諸国連合(ASEAN)の中でも成長が見込まれ、市場規模が大きいと判断し、事業を拡大する。

新会社の設立時期は3月下旬から4月中旬。資本金は約7億円で、出資比率はフマキラー85.7%、フマキラー・マレーシア14.3%となる。フマキラーの連結子会社と位置付け、取締役を派遣する。

新工場は敷地面積約3万平方メートル。6億円を投資し、土地の購入を含めた工場建設、生産設備資金として充当する。工場では、ハエや蚊など一般家庭用の殺虫エアゾールを生産する。

フマキラーの佐々木高範・取締役管理本部長は「どのようなタイプの商品に需要があるのか、きっちり検討して販売展開したい」と話した。

同社はマレーシアやタイ、インド、メキシコなど7カ国に海外拠点を設けている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 化学・石化製造一般金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

国内企業の景況感は悪化傾向 商議所調査、政権交代の恩恵薄く(05/28)

計画・財務相の辞任を承認、後任人選へ(05/28)

蒸留酒大手ペルノ・リカール、緬市場に参入(05/28)

ロヒンギャ難民58人帰還、独自に(05/28)

ヤンゴン川の東西結ぶつり橋、政府が計画(05/28)

携帯電話の普及率、110%超に拡大(05/28)

バガンへの来訪者、1~4月に23万人超(05/28)

天然ガス供給拡大で外資誘致促進、政府(05/28)

保健省、今年の看護師採用は前年比2倍(05/28)

新宝石法成立まで採掘免許の更新・発給停止(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン