発電用の石炭価格、近く固定価格制へ

インドネシア政府は、今月上旬にも火力発電用石炭を固定価格に移行するための大統領令を公布する。政府は、2019年末まで電気料金を据え置くことを決めており、石炭価格の上昇による発電コストの増加を抑制するのが狙い。1日付インベストール・デイリーなどが伝えた。 政府は発電…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「カードを作りませんか…(12/13)

110万台目標は達成可=業界 11月単月の新車販売、10万台弱か(12/13)

東京建物が合弁で首都南部にマンション(12/13)

11月二輪輸出、前年同月比6割増の6.7万台(12/13)

日立、家電マーケティング戦略を強化へ(12/13)

トコペディア、既存株主が11億ドル追加出資(12/13)

首都MRT、24日から乗客を乗せて試験運転(12/13)

ガルーダ、来月ハリム空港で短距離線を就航(12/13)

ガルーダ、西ジャワ新空港から2路線就航へ(12/13)

韓国建設2社、インドネシア製油所増設へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン