発電用の石炭価格、近く固定価格制へ

インドネシア政府は、今月上旬にも火力発電用石炭を固定価格に移行するための大統領令を公布する。政府は、2019年末まで電気料金を据え置くことを決めており、石炭価格の上昇による発電コストの増加を抑制するのが狙い。1日付インベストール・デイリーなどが伝えた。 政府は発電…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所の商業施設内に設け…(07/24)

【外資・地場特集】アプリでらくらく車シェア ヒップカー、首都圏など3地域で(07/24)

車両台数を5倍に=ヒップカーCOO(07/24)

国営BNI、播州電装に国内初の円建て融資(07/24)

為替参照1万4454ルピア、株価は続伸(07/24)

バンドン高速鉄道、ルート変更の影響は軽微(07/24)

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(07/24)

パレンバンLRT、23日から部分開業(07/24)

国内線の航空管制料、19年まで段階的値上げ(07/24)

バニュワンギ空港を改修、LCC専用空港に(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン