• 印刷する

〔オセアニアン事件簿〕パプア地震、LNG施設の閉鎖続く

2月26日早朝にパプアニューギニア(パプア)でマグニチュード(M)7.5の大規模な地震が発生した。地元メディアによれば、死者は30人を超えるという。これにより、液化天然ガス(LNG)関連施設が閉鎖されるなど、産業界への影響も続いている。米石油大手エクソンモービルがオペレーターを務めるパプアLNG(PNGLNG)プロジェクトに参画するオーストラリアの石油・ガス開発会社オイルサーチや同業サントスでは、早くも業績への影響が懸念され始めた。2月28日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

エクソンは、地震直後から閉鎖している震源地近郊のハイランズ州のガス田やハイズのガス処理施設に加え、新たに首都ポートモレスビー近隣のLNGトレインの閉鎖も発表。同プロジェクトで使用されているコモ離着陸場も、被害を受け閉鎖中だという。

PNGLNGからは昨年、800万トンのLNGが日本や中国、台湾向けに輸出されていた。オイルサーチは、被害状況を把握し、施設のどの部分から修理を開始すべきか決定するのに、少なくとも1週間はかかると見込んでいる。一方金融シティグループは、PNGLNGは1カ月は生産停止が続くと見ており、これによりオイルサーチの2018年度の1株当たり利益は17%減少すると予想する。エクソンは、専門エンジニアを被害地域に派遣して復旧に努め、生産停止による影響を最小限にとどめるため顧客とも連携していくと述べた。

サントスも、従業員や関係者へは十分な説明を行っているとする。また同社はこのほどの通期決算発表において、オーストラリア・クイーンズランド(QLD)州のスラット盆地における炭層ガス田開発と、同社が進めているロマ・イースト・プロジェクトに向けた、9億豪ドル(約754億円)の投資計画を発表した。ロマ・イースト・プロジェクトでは、400人分の雇用創出が見込めるほか、2020年までにQLD州に50ペタジュールのガス供給を行うことができるとされる。


関連国・地域: オーストラリアパプアニューギニア
関連業種: 建設・不動産天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(16:35)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(16:35)

豪人の豪華旅行が急成長=富裕層向け旅行企(16:35)

テイクオフ:ニュージーランド(NZ…(10/15)

豪医療保険、20年来の大改革 保健相が表明、4種に分類へ(10/15)

日豪経済合同委員会、シドニーで年次会議(10/15)

豪仏交渉決裂なら、潜水艦輸出も=河野外相(10/15)

リオ、石炭とアルミ不調で利益に影響か(10/15)

豪LNG輸入計画、「ばかげている」が必要(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン