港湾貨物取扱量の成長率、23年まで3~5%

インドの格付け会社クリシルの調査部門クリシル・リサーチは、国内港湾の貨物取扱量の年平均成長率(CAGR)が向こう5年間は3~5%になるとの見通しを示した。過去5年間のCAGRは4.4%。ザ・ヒンズー(電子版)が26日伝えた。

クリシルは、これまでの5年間は主に主要港以外での石炭輸入の急増が全体をけん引していたと指摘。今後は石炭の取扱量が横ばいで推移すると予測し、貨物取扱量全体の成長率が抑制される可能性があるとの見方を示した。

コンテナ貨物の取扱量については、成長率が最大8%に達すると予測。化学品や自動車などの分野で、輸出入が活発化していることが好材料と説明した。同社のプラサド・コパルカール取締役によると、コンテナ貨物が国内港湾の貨物取扱量に占める割合は、現在の16%から2022/23年度(22年4月~23年3月)に19%に拡大するという。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

電子機器の輸出促進政策、6月にも最終案(05/23)

大学生の携帯端末チェック、1日平均150回(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン