華為、スマホの新機種「P20」を来月発表

深セン市に本拠を構える中国スマートフォン大手の華為技術(ファーウェイ)は、3月27日にフランスの首都パリでスマホの新しい主力機種の発表会を開く。ニュースサイトの騰訊数碼が25日伝えた。

発表を予定している新機種は「P20」と「P20プラス」で、それぞれ「P10」「P10プラス」の後継機種となる。詳細は不明だが、ファーウェイが先行して公表した簡潔な宣伝画像によると、新機種はカメラを3つ搭載しているもようだ。CPU(中央処理装置)には、ファーウェイの人工知能(AI)内蔵チップ「Kirin970」を採用する。

ファーウェイはスペイン・バルセロナで2月26日から開かれているモバイル業界最大の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」ではなく、パリでの単独発表会を選んだ。背景には、MWCでは韓国のサムスン電子が新機種発表を予定しており、自社製品に注目を集めるのは難しいとの判断があるとみられている。


関連国・地域: 中国-深セン欧州
関連業種: IT・通信製造一般

その他記事

すべての文頭を開く

天然ガス供給を拡大へ、石油大手3社(15:32)

香港にAI実験室を設立 アリババ、スタートアップ育成(05/28)

テイクオフ:広州では今月中旬からタ…(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(05/28)

香港イノベーション政策に警告、科技大など(05/28)

ZTEへの制裁解除へ 米大統領が表明、罰金など条件に(05/28)

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(05/28)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン