• 印刷する

汚職指数、政府の取り組みで6ランク上昇

世界各国の汚職を監視している非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(本部ベルリン)がこのほど発表した2017年版腐敗認識指数で、ベトナムは180カ国・地域中107位となった。16年の176カ国・地域中113位から6ランク上昇した。

指数は0~100で、点数が高いほど汚職・腐敗が少ないことを示す。ベトナムの指数は12年から15年まで31で横ばいだったが、16年に33、17年は35に上昇した。

23日付ベトナム・エコノミック・タイムズは、政府が17年に汚職撲滅に向けた取り組みを強化し、複数の企業や政府機関の元幹部らを逮捕したことが指数の改善につながったとしている。

総合順位では、ニュージーランドが89で首位。以下、◇デンマーク=88◇フィンランド=85◇ノルウェー=同◇スイス=同◇シンガポール=84◇スウェーデン=同◇カナダ=82◇ルクセンブルク=同◇オランダ=同――が上位にランクインした。日本は20位(指数73)で、16年から横ばいだった。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(20:20)

インバウンド切札にIR事業 日系興行大手、越で経験積む(08/20)

ベトナム自動車販売、25年に100万台到達か(08/20)

越航空、ボーイング787―10初号機を受領(08/20)

バンブー航空、就航7カ月で1万便達成(08/20)

南部の工業団地、土地使用料の上昇続く(08/20)

FLC、コントゥム省で都市区レガシー着工(08/20)

JESCO、越でダム観測局の工事受注(08/20)

EVN、傘下ファイナンスの持ち株を売却へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン