中華電信、社有地活用し「社会住宅」建設推進

通信台湾最大手・中華電信の鄭優董事長はこのほど、今年の重点事業の1つとして社有地の活性化を進める方針を明らかにした。中でも現在活用されていない社有地に、高齢者や低所得者など社会的弱者向けの賃貸居住施設「社会住宅」の建設を進めていくと強調した。中国時報が伝えた。…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:少年の悲鳴。教師が物差…(01/23)

19年は7割が人件費上昇実感 許容限度せめぎ合い、NNA調査(01/23)

クラウドエース、台湾法人を設立(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

5G商用化、早ければ20年末にも(01/23)

ウーバー台湾がTTA加入、米本部と人材育成も(01/23)

通信機器の智邦、苗栗工場建設で1千人募集へ(01/23)

19年の世界半導体設備投資、4年ぶりマイナス(01/23)

裕隆集団、組織再編で4事業体に分割(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン