• 印刷する

大富豪101人の総資産、国内総生産の15%に

インド人大富豪(資産10億米ドル=1,070億円以上)の総資産が、国内総生産(GDP)の15%が占めていることが分かった。5年前から5ポイント上昇し、貧富の格差が拡大している。PTI通信が伝えた。

非政府組織(NGO)のオックスファム・インディアが22日、「広がる格差—インドの不平等に関する報告書2018」を公表した。2017年の大富豪は101人。GDPに占める資産の割合は、5年前の10%から上昇した。縁故資本主義の放任や高技能労働者の重視といった政策が貧富の格差拡大につながったとみている。

同報告書の作成者は、カースト制度や宗教の対立、性差別などとともに、貧富の格差拡大がインド社会の分裂を招く大きな要因になるとの見方を示している。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

【人事】ユーグレナ副社長に永田暁彦氏ほか(09/21)

【訃報】奥村武平氏(元三菱油化常務)ほか(09/21)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン