• 印刷する

中国語メディア、関係強化で需要拡大

カンボジアのマスコミ業界で、経済関係の強化などを背景に中国語メディアの需要が拡大している。プノンペン・ポスト(電子版)が23日に伝えた。

カンボジアでは現在、カンボジア星洲日報と東華日報、コマーシャル・ニュース・カンボジア(CNC)が華字紙の大手発行元になっている。クメール中国協会によると、カンボジアに住む中国人は約2万人に上る。

東華日報のソク・フイ編集長は、中国人観光客と居住者の増加が追い風になっていると指摘。「2017年は購読者、広告出稿の両面で過去最高を記録した」と話す。

インターネットの普及に伴い、ウェブサイトで中国語のニュース配信を手掛ける動きも活発化。CNCの元社員が1月に立ち上げた電子ニュース配信サイト「カンボジア・チャイナ・タイムズ」の閲覧数は、1日当たり約4,000人に達している。

政府寄りとされるフレッシュ・ニュースは今月19日、中国語版のウェブサイトを開設。リム・チァブサ最高経営責任者(CEO)は「中国からの投資が増大しつつある現状を考慮した結果」と説明した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

40経済団体、EU制裁手続きに「深い懸念」(20:03)

広州粤泰が物件販売強化 6億ドル収入目標、新規開発も(01/22)

輸出手続きの簡素化、政府は6千万ドル減収(01/22)

ワールドブリッジ、貴重品輸送で米社と提携(01/22)

18年の税収、13.4%増の約22億ドル(01/22)

地場アモリー、首都北部で連棟型住宅を開発(01/22)

郵政省、中小企業支援で業界の課題など調査(01/22)

不動産詐欺、登記や開発案件の有無に注意を(01/22)

カンボジアなどに20年で17校寄贈、自民有志(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン