• 印刷する

ヤンゴンのオフィス賃料、競争激化で下落

2017年第4四半期(17年10~12月)のミャンマー最大都市ヤンゴンのオフィス賃料が、5期連続で続いた値上がり基調から初めて下落した。オフィス供給面積が拡大し、競争が激化したため。ミャンマー・タイムズ(電子版)が伝えた。

米不動産コンサルティング会社コリアーズ・インターナショナルの報告書によると、17年第4四半期のヤンゴンのオフィス賃料は、1平方メートル当たり月額43米ドル(約4,600円)で、前四半期の同45米ドルから下落。近代的なオフィス棟の開業が相次いだことで、従来のオフィス経営者が競争力を維持するため賃料を25%程度下げたという。コリアーズは、賃料の下落は当然の流れとみている。

17年12月31日時点のヤンゴンのオフィス供給面積は35万6,000平方メートル超。新たなオフィス棟は、ヤンキン郡区の「ゴールデンシティー・ビジネスセンター(GCBC)」や、カマユ郡区の大型商業施設「ジャンクション・スクエア」に隣接する「クリスタル・タワー」など郊外で開業した。

18年第2四半期には「カンタヤ・センター」、「タイム・シティー」、「エム・タワー」などのオフィス棟が開業を予定しているため、短~中期的に見た場合、競争はさらに激化するとみられている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ(02/21)

AFTA参加に向け貿易戦略を強化、商業省(02/21)

ヤンゴンの土地払い下げ、640件が審査通過(02/21)

次期総選挙、約100政党が争う見通し(02/21)

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン