日本産木材、構造材に高需要 木造建築の増加が後押し

韓国で高い人気を誇るヒノキやスギなど日本産木材の需要が、インテリアなど内装材から木造住宅用の構造材に移りつつある。マンションが主流の韓国で近年、木造建築の一戸建てが増えていることが背景にある。これに伴い、日本の韓国向け木材輸出額は12~16年の5年間で約3倍に急増…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米国から始まったセクハ…(12/12)

外国人材の活用を、福岡市でセミナー(12/12)

現代重が今治造船に設備供給 環境配慮型で成長目指す(12/12)

韓国IBK銀が支店開設、資金需要に対応(12/12)

多重代表訴訟制の導入で副作用、経済研究院(12/12)

内需不振に輸出増加幅も縮小、KDI分析(12/12)

電子決済Toss、米VCから90億円調達(12/12)

自動運転車試験都市が完成、5G通信網構築(12/12)

ルノー小型EV、来年にも釜山工場で生産(12/12)

KAL、来年機内ワイファイサービス開始か(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン