日本産木材、構造材に高需要 木造建築の増加が後押し

韓国で高い人気を誇るヒノキやスギなど日本産木材の需要が、インテリアなど内装材から木造住宅用の構造材に移りつつある。マンションが主流の韓国で近年、木造建築の一戸建てが増えていることが背景にある。これに伴い、日本の韓国向け木材輸出額は12~16年の5年間で約3倍に急増…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 経済一般・統計農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、ソウル大教授に賠償金=米地裁(16:47)

サーブワン、ソウル江南で共有オフィス事業(16:49)

LS電線、インドネシアに電力ケーブル合弁(17:43)

テイクオフ:ソウルは人口1,000…(06/18)

5月新規車両登録は15%減 乗用車と商用車が共に不振(06/18)

DICが液晶の技術拠点開設 解像度など分析、トレンドに対応(06/18)

韓国の現代モービス、越をソフト研究拠点に(06/18)

現代自の1~5月販売、7%減の1.3万台(06/18)

5月輸出額13.2%増、半導体と石油製品伸び(06/18)

5月失業率4.0%、0.4P悪化=統計庁(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン